メバル釣りのロッド!メバリング初心者おすすめの竿はこれ!

メバリング

こんにちは、turipopです♪

 

今回は手軽で楽しいメバリング!

記事の内容

  • メバリングロッドの特徴
  • メバル釣り!ロッドの使い分け
  • メバリングのロッド(竿)
  • 初心者におすすめロッド

 

メバル釣りをこれから

始めたい人や、もっと

知識を深めたい人におすすめ!

 

メバルの釣りに必要な竿(ロッド)は

釣りの時間帯や釣り方によって

変わるんです!!

 

初心者におすすめの

メバルロッドも紹介するので

参考にしてみてくださいね!

 

メバル釣りの最初の1本に

最高の商品も最後に書いてあるので

悩んでいる人は是非♪

 

スポンサードリンク

メバル釣りのロッドの特徴

今回はメバルをルアーで釣るための

ロッドについて解説していきますが

その前にメバリングに使う

ルアーがどんなものなのか

知っておく必要があります。

 

メバル釣りに使用するルアーは

主にジグヘッドにワームです。

他にも、ミノーやプラグ

メタルジグなんかを使う場合も

あるのですが基本的には

ジグヘッド+ワームの組み合わせ!

 

この時に使うジグヘッドの

重さは大体0.5〜2.0gくらいで

かなり軽いんですよね。

 

メバリングではこの

軽いルアーを投げる釣りになるので

使用するロッドもかなりの

ライトタックルになります。

 

釣れるメバルはほとんどが

10〜20cmくらいで

25cmを超えるメバルが釣れたら

ガッツポーズ!!

 

30cmを超える尺メバルが

釣れようものなら写真に撮って

自慢するんです。

 

そう、メバリングに必要な

ロッドはそこまでの大物に

耐えられる必要はなく

軽いルアーをしっかり投げられる

ことが大切です。

 

そして、ロッドの長さにも

少し気をつけて欲しいのですが

あまり長すぎると足元での釣りに

かなり不向きです。

 

足元でルアーを動かす時に

ロッドが長かったら

邪魔で上手に動かせませんからね。

 

しかし、遠くのメバルを釣る時に

ルアーを遠くに投げたい場合、

あまり短いロッドだと

飛距離を稼ぐことができません。

 

メバリング用ロッドを選ぶ時には

竿の長さが一つのポイントに

なってきますね。

 

一般的に6〜8フィートが

メバリングに適した長さだと

考えられるので、

飛距離を出したいなら8フィート

ルアーの操作性を選ぶなら

6フィートといった感じです。

 

スポンサードリンク

メバル釣り(メバリング)ロッド・竿

メバリングと聞いてあなたが

イメージするのはどのような

釣りでしょう?

 

日中に漁港の壁際についている

または船や岩に隠れている

メバルをルアーでクイッと誘い出す

デイメバリングですか?

 

それとも、夜中に

常夜灯など明りの近くで

活性の上がったメバルをただ巻きで

釣るナイトメバリングでしょうか?

 

実は、メバル釣りに適した

ロッドは日中のデイメバリングと

夜中のナイトメバリングで

異なるのです!

(面倒ですよね)

 

メバルロッドは大きく分けて

以下の2種類あります。

メバル釣りのロッド

  • ソリッドティップ
  • チューブラーティップ

 

ソリッドティップというのは

竿の穂先が柔らかくなっている

ロッドで以下のような特徴があります。

ソリッドティップ
ロッドの特徴

○メリット

  • メバルに違和感を与えにくい
  • バラしが少ない
  • 食い込みがいい
  • 軽いルアーを投げるのに向いてる
×デメリット

  • 重いルアーに対応しない
  • 穂先が折れやすい
  • 値段が高い
  • ルアーの操作性が悪い

ソリッドティップは

穂先がとても繊細でわずかな

重さでもクニョクニョと曲がります。

 

そのため、メバルがルアーを

食ってきてもロッドが反発せずに

竿がしなってくれるので

メバルの口にしっかりと張りが

フッキングします。

 

バラさないというのが最大の

メリットですね。

 

そして、1g程度の軽いリグを

遠くに飛ばすのに非常に

適しているので飛距離をかせげます!

これが結構有利に働くんですよ。

 

対するチューブラーは

竿の穂先が硬くなっている

ロッドで以下のような特徴があります。

チューブラー
ロッドの特徴

○メリット

  • ルアーの操作性がいい
  • 重いルアーも遠投できる
×デメリット

  • フッキング率が下がる

チューブラーのメバルロッドは

穂先が硬くなっているので

ルアーをキビキビと動かすことが

できます。

 

しかし、竿先が硬いので

反発力がありメバルがルアーを

食ってきたときに口に針がかかる前に

はじいてしまう事があるんです。

 

以上のことを頭に入れて

どちらのロッドを選べは良いのか

見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

メバル釣り(メバリング)のロッド

メバルリングロッドを選ぶときに

重要になって来るのが、

あなたがいつメバル釣りをするか!

 

これによって使用するロッドが

違うので注意が必要ですよ。

 

日中のデイメバリングに適したロッド

日中、明るい時にメバル釣りを

する場合には竿の先が硬い

チューブラータイプのロッドが

適しています。

 

その理由は日中のメバルの

活性や釣り方に関係します。

 

日中のメバルは物陰に隠れて

エサが自分の上を通るのを

待ち伏せしています。

 

明るい時は天敵から身を隠して

じっとしているのですね。

 

そういうメバルにはルアーを

ぴょこぴょこと動かして

メバルの捕食スイッチを入れて

あげるのですがデイメバリング!

 

ルアーの素早い動きに

好奇心の高いメバルが重わず

反応して隠れている場所から

出てきてしまうのです。

 

ルアーで出来るだけ

素早い動きをつけたい…

 

もしもこのとき、

竿の先が柔らかかったら

どうでしょうか?

 

ルアーが動く前に竿先が

くにょくにょと曲がってしまい

上手くルアーを動かすことが

できません…

 

そう、ルアーをイメージ通りに

動かすには穂先が硬い

チューブラータイプのロッド

でなければいけないのです!

 

そして、デイメバリングでは

足元に落としてルアーを

チョンチョン動かすことが多いので

ロッドの長さは短めの方が

操作性がいいですね♪

 

長さにすると6〜7フィートくらいを

選択するのがおすすめです。

1フィート=30.48cm

6フィート=182.88cm

7フィート=213.36cm

 

日中のデイメバリングには

穂先の硬いチューブラータイプの

ロッドと覚えておきましょう!

 

デイメバリングのロッド

  • チューブラー
  • 6フィートくらい
理由:ジグヘッド(ルアー)をチョンチョンとリズミカルに動かしたいため竿先が硬いことで操作しやすい。
そして、足元での釣りになる場合が多いため長い竿よりは短い竿の方が操作性がいい。

 

日中のメバル釣りに適した

ロッドはこんな感じです♪

 

スポンサードリンク

夜のナイトメバリングに適したロッド

お次は、夜のナイトメバリング。

夜はメバルの警戒心が

日中に比べて薄くなっています。

 

そのため、日中は壁沿いや

船の下に隠れていたメバルも

夜には出てきて積極的に

エサを追って泳ぎ回っています。

 

そんな夜のメバルには

不必要なアクションは逆効果!

 

海の中をただよう餌を

ルアーで自然に演出すると

活性の上がったメバルがパクリと

食いついてきます。

 

水中に漂うプランクトンを

餌にしている場合もあるので

ゆっくりした動きを好むメバルの方が

多いんですよね。

 

この場合は穂先の柔らかい

ソリッドティップのロッドが

おすすめです!!

 

無駄なアクションはいらないので

軽くキャストしてただ巻きでOK。

 

夜のメバルは何回も細かい

バイトをしてくることが多いです。

 

その細かいバイトをしっかりと

ものにするための穂先の柔らかさが

強い武器になるのです。

 

ちなみに、ルアーを遠投する

必要はそこまでないかも

しれないのですが、

捜索範囲を広げるという意味で

長めのロッドの方がいいかも

しれませんよ♪

 

7フィート以上は欲しいかな?

という感じですね。

 

ただし、ソリッドティップの

竿は重いルアーを投げると

穂先が折れてしまうため遠投したい

と思って表示されている以上の

重さのルアーを投げないように

注意して欲しいと思います。

 

ナイトメバリングのロッド

  • ソリッドティップ
  • 7フィート以上
理由:正直チューブラーでもいいのですが、メバルを確実にキャッチしたいのであればバラしにくいソリッドティップがおすすめ。穂先が海に入り込む感覚はソリッドティップ独特の楽しさがあります。
長さに関しては、無理な遠投をしなくて済むようにある程度の長さがあった方が有利に釣りを展開できるため。

 

夜のナイトメバリングには

穂先の柔らかいソリッドティップの

ロッドがおすすめですが、

チューブラーでもOKです!

 

個人的にはソリッドティップの

穂先でメバルと会話しているような

やりとりが大好きですが…

 

スポンサードリンク

磯場でのメバル釣りロッド

さて、ここでおまけ♪

 

より大きなメバルを狙って

磯場でのメバリングをする場合も

ロッドの選び方が少し

異なってきます。

 

大きなメバルとファイトする

ことを考えたら弱いロッドでは

心細いですよね。

 

なので、ある程度パワーのある

ロッドが必要になるのです。

 

そして、磯ではより遠くまで

遠投しなければならない

場面が結構でてきます。

 

そのため、ロッドの長さも

ある程度あった方がいいです。

 

ちなみに、磯場にはたくさんの

根が点在していてそこが

メバルたちの隠れ家です。

 

ルアーをくわえたメバルは

どうにか逃げようと思い

必死に根や岩陰に潜り込もうと

泳ぎます。

 

ここで根に入られてしまうと

なかなか引きずり出すことが

できずにラインを切るしか

なくなってしまうんですよね。

 

これ、かなりショックなので

こんな思いはしたくない!!

 

ではどんなロッドなら

いいのかわかるでしょうか?

 

正解は、強くて長めの

チューブラータイプのロッド!!

 

まず、広範囲を探るために

フロートなどの重い仕掛けを使って

釣りをする場合に、

ソリッドティップでは仕掛けの

重さに耐えられない。

 

フロート:飛ばし浮きのこと。メバリングでは軽いリグ(ワームの仕掛け)を使用するため遠くに飛ばすのが困難、そこで遠投するために考えられたのがフロート。

 

そして、大型メバルが根に

潜ろうとしても潜らせない

強さ・硬さがポイントなんです。

 

遠投のための長さは

8フィート以上は欲しいでしょう!

 

磯場でのメバルロッド

  • 強いチューブラー
  • 8フィート以上
理由:磯場の大型メバルのパワーに負けない硬くしなる竿でメバルを根に潜らせない。重いルアーでの遠投も可能。

 

磯場には漁港とかにいる

可愛いメバルとは違って

サイズが桁違いのメバルが

潜んでいることが多いです。

 

激しいメバルとのやりとりに

勝てるロッドが必要なんです!

 

スポンサードリンク

初心者におすすめのメバル釣りロッド

さて、ここまで

読んでくれた方はなんとなく

イメージがついているかも

しれませんね♪

 

メバリング初心者におすすめの

メバルロッドがどういう

竿かわかりますか?

 

turipopがおすすめする

初めの一本はチューブラーの

6〜8フィートのメバルロッドです!

 

なぜか。

 

それは、多くのメバル釣りに

対応できるオールラウンダーな

竿と考えるからです。

 

ソリッドティップのロッドは

デイメバリングに向かない、

もしフロートをつけて遠投する

などの場合は竿が折れてしまう恐れが

あるという使用法が限定される

ロッドになります。

 

それに比べてチューブラーは

遠投ができるしデイの

アクションが必要になる釣りも

できるので釣り方を選びません。

 

ナイトメバリングでも

問題なく釣りが成立しますから

基本の一本ではないでしょうか。

 

チューブラーでメバルを実際に

釣ってみて物足りなく

なってきたらソリッドティップを

検討しても遅くないです!

 

それでもソリッドティップに

憧れがある場合はそれでも

いいと思いますよ。

 

トラウト用のライトタックルで

メバリングをすることも

可能なのでトラウト用を

チューブラーとして使用して

メバル用のソリッドティップを

購入するのもありですね♪

 

一応、メバリング初めの

一本におすすめのメバルロッドを

紹介しておきますね。

 

SHIMANOから出ている

ソアレBB(SoareBB)シリーズの

『S706ULT』というロッドが

かなりいい感じですよ♪

 

チューブラーなのですが

穂先がしなやかでメバルがバイト

してきてもハジきにくく設計されている

超優秀なロッドなんです!

 

ルアーの操作性と穂先のしなやかさを

両立した欲張りな竿。

 

しかも、値段が14,500円という

手ごろな範囲に収まっています。

 

長さは2.29mなので7フィート以上

あり最初のメバルロッドに

これ以上ないバランスです!

 

フロートや小型のメタルジグにも

対応しているので、

S706ULTを軸にして

特化したロッドを後から買う

というのがいいかも♪

 

チューブラーなのに

食い込みがいい竿なんて本当に

よく作ってくれましたよね…

 

SHIMANOさんの商品で

ソフチューブトップという記載が

あるロッドはチューブラーで

しなりがいいと思ってOKです。

 

スポンサードリンク

メバル釣りのロッド!メバリング初心者おすすめの竿まとめ

一口にメバル釣りと言っても

夜釣るのか、昼なのか

場所は足元か遠くか…

 

どんな状況下で釣りをするかで

必要なロッドの特徴が

違うことがわかりましたね。

 

何となく自分に合うロッドが

どんなものなのかイメージ

できたらいい感じです♪

 

メバルは小さいのに引きが

面白いのでライトタックルで

エキサイティングな釣りができます!

 

だからこそ竿の性能が

結構重要なんです!!

 

あ、そうそう!

小さなメバルは記念撮影した後に

楽しませてくれてありがと♪

とお礼を言って、

リリースしてあげてくださいね。

 

では、楽しいメバリングを♪

コメント