アジングのキャストで遠投するコツと上達法!飛距離の出る投げ方!

アジング




こんにちはturi popです^^

 

アジングしていると
うまくキャストできないなぁ…
と思うことありませんか?

 

ショアジギングやウキ釣りでは
あんなに上手に遠投できたのに
アジングでは難しい!

もっと遠くに飛ばせたら
いろいろな誘い方できるのに…

 

確かにアジングのキャストって
すごく難しいんですよね(^^;

 

重さはたったの1gですよ!?
遠投なんてムリムリ…

 

でも上手にキャストする人って
実際にいるんですよね(-_-;)

どうやれば遠投上手になれるか
今回はその秘密を突き止めていきます♪

スポンサードリンク

アジングで遠投するメリット

アジングで遠投できる
メリットですが、これはもう
広範囲にアジを探ることができる

これに尽きると思います^^

 

アジは回遊魚なので
必ずしも足元を泳いでいるとは
限りません!

アジが居るところに仕掛けが
届かないと当然ですが
釣る事はできないですよね(T_T)

 

あと数メートルだけでも
遠くへ飛ばすことができたら
アジの居るポイントに届くのに…

実際アジングではこういう
状態は結構あると思うんです。

 

釣果を上げるためにも
遠投の技術と方法はぜひとも
知っておきたいです♪

 

遠投のコツをたくさん
お伝えするので
最後までぜひ読んでみてください♪

アジングで遠投する投げ方のコツ

アジングのキャストで飛距離が
伸びない原因は投げ方に
問題があるかもしれません!

 

キャストの苦手な人によく
見られる傾向としては、
とにかく力任せに投げている人が
非常に多いです(-_-;)

 

案外ってキャストの
飛距離とはあまり関係ない
んです。

 

確かに40gとかある程度の思い
ジグを遠投する場合には
力も必要になってきますが、

今回のアジングではとても軽い
ジグヘッドをキャストするので
力なんていらないんですよ!

 

では実際にどう投げればいいのか
ということになりますが
釣りのキャストってどういう
原理で飛ぶか知っていますか?

 

竿をふる力!
ではありませんよね^^

ルアーは竿のしなりを利用して
飛ぶのです♪

これはジグのキャストなんかでは
意識的にできている人が
多いのですがなぜか

アジングになるとロッドのしなりを
無視する人が多いです。

 

ジグヘッドが軽いので
しなりなんて関係ないと
思うのも無理はありませんが、

アジングのキャストでも
竿のしなりは重要なんですよ!

 

◎キャストは力任せはNG
◎竿のしなりをうまく使おう!

 

ここで一応、遠投できる投げ方の
コツと原理について解説します。

 

一度竿が後方にしなると竿は
反発して勢いよく前へ戻ってきます!

この竿が戻る勢いを利用して
ジグヘッドを遠投するのです

 

パチンコ玉が前に飛ぶように
竿の反発力をしっかりと
ジグヘッドに伝えてやると
飛距離は伸びますよ♪

 

もちろん、遠投したいなら
それなりにコツもあって、
ただ竿をしならせればいいという
ことではありません!!

 

重要なのはキャストのタイミング!

 

タイミングよくキャストする、
これがとても重要なのです!

スポンサードリンク

アジングキャストの上達方法

ではここで、アジングでジグヘッドを
遠投してしっかりと飛距離を
出すための上達方法を紹介します。

 

まず、準備の段階で必要なのが
ラインとリーダーの結び目!!

 

これがガイドに引っかかって
しまうと飛距離が出ません。

 

これはアジングのキャストで
致命的なので垂らしの分も考え
結び目がガイドの中に
入らない程度のリーダーの長さに
した方がいいですね♪

 

そしてキャストの方法で
意識する事は垂らしをしっかりと
とることです!!

 

風の強さにもよりますが
垂らしが短すぎる飛距離は出ません

 

糸を垂らしてジグヘッドを
後方へ移動させて竿のしなりを
大きくすることで、

より飛距離が伸びるんです。

 

この時に、ジグヘッドが
後方に移動し竿先にわずかでも
重さを感じられることが
なによりもキャストで重要!!

 

これを感じられるようになると
キャストはすぐに上達しますよ♪

 

ただ、アジングのジグヘッドは
軽いですから難しい(^^;

 

そんな場合には、少しだけ
重いジグヘッドで練習して
感覚をつかんでから徐々に軽い
ジグヘッドに変えるといいですね。

 

それでも上達しない場合には
以下の事を気を付けてみると
いいかもしれません!!

アジングで飛距離が出ない原因

上達法を実践してキャストは
できているはずなのに…

それでも飛ばない!!

 

実際アジングしていると
そういうことだらけです(-_-;)

 

でも、ジグヘッドが
飛ばない原因は必ずある!!

 

続いて飛ばない原因について
当てはまっていることは
ないか確認してみてください♪

飛ばない原因:竿が悪い

先ほど言ったように
キャストは竿のしなりを利用して
飛ばすのですが、

硬い竿だとしなりが悪くて
当然飛距離も出ません。

 

アジングの軽いジグヘッドで
硬い竿がしなるなんて
ありえないので遠投なんて
不可能なんですよ…(T_T)

 

現在の飛距離に満足していない
というのなら竿の見直しも
必要かもしれません。

 

アジング専用のロッドでは
アジの繊細なアタリを
感じやすいのみでなく
よくしなるのが特徴です^^

 

お使いのロッドはジグヘッドの
重さでしなるか確認して
みるといいですよ。

 

ただ、ロッドが柔らかすぎると
初心者には扱いが難しく
しなりの力をうまく伝えることが
出来ない可能性もあります!

 

アジングのロッド選びは
しなりと固さを確認しておくと
いいですね♪

◎竿選びは重要!
◎硬さとしなりを確認!

スポンサードリンク

飛ばない原因:ガイドが曲がってる

キャストの飛距離が
伸びにくくなる原因の一つは
ラインに生じる摩擦です!

 

ラインはガイドを通って
出ていきますが、

そこに摩擦が生じると
ラインはスムーズに出ていかなく
なってしまいます!

 

するとキャストの飛距離にも
影響が…(涙)

 

ロッドのガイドが曲がっていたり
ずれが生じていると
ラインとの摩擦力が大きくなって
しまうので飛距離が短くなる
傾向にあります。

 

キャスト前にガイドの位置は
しっかりと確認しておきましょう!

◎ガイドは入念に確認しよう!
◎ズレたガイドは飛距離に悪影響!

飛ばない原因:ライン

ジグヘッドが飛ばない原因は
ラインにあることも多々…

 

ラインの太さを変えるだけでも
かなり飛距離が違うんです!

 

先ほども述べましたが
飛距離が伸びなくなる
原因はズバリ摩擦です!

 

摩擦を小さくするためには
ラインを細くすると
いいですよ。

 

アジングで狙うアジのサイズにも
よりますが1g程度のジグヘッドを
使用する場合に、

2号のPEラインを使っていたら
絶対に飛距離は出ませんよ!!

 

一般的にアジングに使用する
PEラインは02.~0.4号程度
細いものです。

 

ラインが細くなるとそれだけ
ライントラブルが増えたり
ライン自体の耐久性も落ちます。

 

しかし、キャストできないと
釣りにならないので
ラインの太さが太い場合には
改善した方がいいですよ!!

 

またリーダーを使っている場合
ラインとの結び目が大きいと
ガイドと摩擦を産み飛距離が
落ちてしまうのでご注意を^^

◎ラインとの摩擦は悪影響!
◎ラインの太さや結び目の確認をしておきましょう!

スポンサードリンク

遠投で飛距離を出すフロートやMキャロ!

もっと飛距離を出したい!
沖にいるアジを狙いたいんだ!

 

そういう場合には投げ方では
限界があるので裏技として
フロートMキャロを使うといいです。

 

これらはライン上に通して使う
アジングの遠投用の仕掛けで
仕掛けの分重くなるので

遠投しやすくなるという仕組み♪

 

1gが10gになったら
そりゃ飛距離も出ますよね!!

 

フロートもMキャロも
飛距離を伸ばす効果があるのは
一緒なのですが、

使い方が異なるので
それぞれ紹介しておきます^^

 

フロート

フロートはアジング用に
改良されたウキです。

 

ウキなのでジグヘッドを
一定レンジ以上沈まないように
できて、浅いタナを攻めるには
もってこいですね♪

 

浮力が付く分潮の流れが
速いときは使いにくいかも
しれませんが、

飛距離を出すにはかなり
有効です!

 

フロート自体の浮力に種類があり
狙うタナに合わせてみると
釣果アップできます!!

 

Mキャロ

こちらはシンカーというのですが
一言でいうのであれば
アジング用のオモリみたいな
ものですね^^

 

Mキャロとは仕掛け全体を
指しています。

 

このMキャロの構造は
真ん中にチューブが通してあり
そこにラインを通して使う
仕組みなのですが、
これがスゴイ発明なんです!

 

シンカーとライン自体が
固定されていないため
アジのアタリを感じ取りやすい!!

 

また仕掛けがフォールするときも
ラインを直接的に引っ張ることがなく
自然にアジを誘えます。

 

Mキャロもフロート同様に
何種類か重さがあるので
いくつか用意しておくと様々なシーンに
対応できるでしょう♪

スポンサードリンク

アジングの遠投・飛距離まとめ

アジングをしていると
気になる沖の方…

 

今回の記事を参考にして
少しでも今まで狙えなかった
範囲までジグヘッドを

届かせることが出来れば
通常は出会えないはずのアジが
釣れちゃう可能性も大!?

 

遠投のコツはとにかく
竿をしっかりとしならせて
ジグヘッドの重みを感じる事!

 

広範囲のアジを探れることは
アジングにおいてとても重要な
スキルなので

キャスト方法や道具を
今一度見直してみると
新たな境地にたどり着くかも♪

 

遠投のコツは基本的に
投げ方と道具の確認です!

 

風が強いとどうにも
ならないのでフロートやキャロで
対応しましょうね^^

コメント