アジングはスプリットショットリグが釣れる!アクションと作り方!

アジング




こんにちはturi popです^^

 

アジングと言えばジグヘッドに
ワームをセットしたリグで
釣るイメージが強いですよね?

 

今回のテーマはズバリ…

 

スプリットショットリグです!

 

普段バス釣りをしない方だと
あまり聞きなれない名前だと思いますが
簡単に作れて便利なため
ぜひ使ってみましょう!

 

アジングにスプリットショットリグの
時代がやってくる!?

スポンサードリンク

アジングにスプリットショットリグ?

アジングの武器として紹介する
スプリットショットリグとは
簡単にいうとジグヘッドではなく

フックガン玉を使う仕掛け
になります!

図のようになんとも
簡単な作りになっているのですが
これがとても良く釣れる

 

某バス釣り大会では使用禁止に
なるくらいの代物なので
魚にとってはとても魅力的な
仕掛けというのが分かるはず^^

 

作りが簡単なため仮に
ジグヘッドを持っていない!

という場合でも持ち合わせの釣り具で
アジングをすることができるので
知っておくと助かりますよ♪

スプリットショットリグの作り方

アジングの武器となる
スプリットショットリグの
作り方を解説します。

 

必要なものは以下の通り

  • リーダー
  • 針(フック)
  • ガン玉
  • ワーム

たったのこれだけです♪

 

作り方もとっても簡単!

  1. リーダーの先端に針をつける
  2. 途中にガン玉をうつ
  3. ワームを付ける

 

以上のたったの3ステップ
完成してしまいます!

アジング用スプリットショットリグのリーダーの長さ

ガン玉から針までの
リーダーの長さは時と場合に
よるのですが

30センチ程を基準に50センチから15センチくらい

で調節していきましょう!

 

リーダーは長い程ワームの動きは
潮の流れに沿った自然な動きと
なり違和感がなくなります♪

 

しかしそれと引き換えに
アタリは取りにくくなります(T_T)

 

反対にリーダーを短くとると
自然な誘い方はすこし
難しくなりますが

アタリが取りやすくなり
竿の動きをワームにまで
伝えやすくなることです!

 

そのためジグ単程ではありませんが
ラインを短くすると竿先の細かい
動きをワームに伝えることが
できますよ^^

 

昼のアジングで
リアクションバイトを誘いたい
ときなどにはラインを
短めにとると良いかも
しれませんね^^

スポンサードリンク

アジング用スプリットショットリグのガン玉の重さ

ガン玉の重さですが
3gを基準に決めていきましょう!

 

スプリットショットリグの
ガン玉の重さも考え方は
ジグヘッド同様ですよ。

 

ガン玉が軽い方がより
自然体な誘い方に効果を発揮します!

ガン玉が重いフォール速度は速くなり
遠投にも強くなります

 

注意しないといけないのは

シンカーと針が直結して

いないために

ガン玉が重くなると

ラインのたわみが大きく

なるためにアタリが取りにくく

なるので注意しましょう!

ジグヘッドとの違いは?

アジングといえば
ジグヘッドを使ったリグが主流ですが
スプリットショットリグには
ジグヘッドにはない持ち味が
あります!!

 

特徴を知っておけば
ジグヘッドとの使い分けもできますし
アジングにおいて
選択の幅が広がりますよ^^

 

アジングでスプリットショットリグを
使うメリットとデメリットを
押さえておきましょう♪

アジに違和感を与えない!

スプリットショットリグは
ジグヘッドよりも自然体な動きを
することができます。

 

ジグヘッドはワームに直接
オモリがついていますが、
スプリットショットリグでは
ワームとオモリとの間に距離があります!

 

そのためオモリの重さが
ワームに影響を与えたりせず
ロッドアクションも
ダイレクトには受けにくいです!

 

水中でのワームの動きは
ラインに引っ張られるというよりは
ふわふわと漂うような動きをします♪

 

これはアジングをする上で
メリットとなりますね^^

 

そのためスプリットショットリグは
ジグヘッドよりも自然体かつ
ワームの特徴が色濃くでる仕掛け
といえるのです!

スポンサードリンク

根がかりしにくい!

アジングで一番悲しい瞬間
それは根がかりじゃないでしょうか?

 

場合によっては大切な仕掛け
持っていかれちゃいますし…

無理に引っ張ると
ロッドが痛んでしまうことも…

 

先ほどいったように
このスプリットショットリグは
ふわふわと動きます^^

 

そのためジグヘッドのように
リグが自ら沈んでいく
ような動きをするわけではないので

障害物に対しても針がふわっと
よけるような動きをしやすいです!

 

そのためジグヘッドよりも
根がかりにたいしては強いんですよ♪

 

しかしシンカー(ガン玉)の
重さが重すぎると手元に
シンカーの重さしか

伝わってこないため
針部分がかかっていることに
気づきにくくなります(^_^;)

 

そのため気づいたら根がかり
ということもあるにはあります!

 

これで今日から根がかり知らず!

 

っというわけにはいかないので
根がかりには気を付けてくださいね♪

細かいアクションは困難!

便利に思えるようですが

このリグの最大の欠点はこれです!

 

ジグヘッドと異なり

ワーム部分を直接的に

ラインが引っ張るわけではないので

細かなロッドの動きは

シンカー部分に吸収されてしまい

細かなアクションは

難しくなってしまいます!

 

これが特に影響してくるのは

昼間のアジングで

リアクションバイトを狙う時

だと思います!!

 

いくら竿先をシェイキングしても

リグは小魚のようにキビキビと

動くことはなく

ひたすらふわふわ♪

これではアジもリアクションバイト

しようとはしてくれなくなりますね!

スポンサードリンク

ガン玉はずれやすい!

ラインにシンカーとして
取り付けているガン玉ですが
ラインを挟んで固定しているだけなので
結構簡単にずれます^^;

 

またガン玉と糸が擦れるため
リーダーを痛めやすいという
デメリットももあります。

 

でも大丈夫!

 

これに関してはいくつか
解消法があるので紹介しておきます♪

 

☆ここでturi popの裏技☆

ガン玉のズレを防ぐ方法

①ガン玉に一度ラインを巻き付ける
②ガン玉の下に結び目をつける
③スプリットシンカーを使う

 

ここで、せっかくなので
スプリットシンカーについても
紹介しておきますね!

コイツです!

スプリットショットリグを
簡単に作れるように開発された
商品になります!

 

上下の止めゴムをあらかじめ
ラインに通しておいて、

シンカーとなる鉛にラインを
沿わせてからラインごとシンカーを
ゴムで固定して使用します!

シンカーとラインが直接
固定されているわけではなく
ゴム止めで固定しているので

必要に応じて重りの重さや
位置の変更が簡単にできます!

 

それから止めているものが
鉛ではなくゴムのため
ラインも痛めにくいんです^^

 

ガン玉程簡単に用意できるものでは
ありませんがとても便利なので
興味があったら使ってみてください♪

スポンサードリンク

アジングのスプリットショットリグのアクション!

次はスプリットショットリグを
アジングに使うときの
ロッドアクションについて
解説しますね^^

 

アクションはジグヘッドのアジングと
似ている部分もありますが
ワームが水中でどんな動きをするか
知っておく必要があるので
紹介します。

ズル引き

スプリットショットリグを
バス釣りで使うときに
よく使われるアクションです。

 

アジングでもしっかりと
ボトムを捉えることができていれば
十分なアピール力となります♪

 

アクションといっても
一定速度でリールを巻くのみ!

ゆっくりとリールを巻いて
手繰り寄せていくイメージです。

 

巻き取り速度が速くなりすぎると
ワームが浮上してしまうので
注意してくださいね!

 

トゥイッチ&フォール

竿を煽ってワームを浮上させて
再びフォールさせることで
アジを誘う方法になります。

 

スプリットショットリグでは
これが基本のアクションとなります!

 

ジグヘッドでは似たアクションに
サビくという方法がありましたが、
こちらはジグヘッドに比べて

竿の動きがダイレクトに
ワームへと伝わらないため

大きめのアクションをつける
必要があります!

ドリフト

潮の流れのままに
スプリットショットリグを
流していく方法です。

 

潮の流れが速い場所で有効な
アクションになります!

 

潮の流れによって
ラインのたわみが生じやすいため
ゆっくりとラインを巻き取り
ラインテンションを維持しながら

アタリがあったら
合わせていきましょう!

スプリットショットリグのアクションまとめ!

①竿を煽ることでフォール!
②ジグ単より大きめのアクション!
③ラインテンションに注意!

スポンサードリンク

アジングのスプリットショットリグまとめ

今回はアジングの武器となりうる
釣れるスプリットショットリグ
について解説しました。

なんといってもナチュラルで
アジに違和感を与えない
というのが最大の強みですね♪

 

それに、シンカーの重さは
アジングのジグヘッドよりも
調節がしやすいので飛距離も
出しやすいとうメリットも^^

 

ジグヘッドではできなかった
攻め方もできるので
アジングに取り入れてみてください。

コメント